交通事故の損害賠償請求項目のひとつに、逸失利益があります。
これは、事故で負った怪我が元で後遺障害が残ってしまったケースで請求できる賠償金です。
後遺障害が残ってしまうと、要介護など生活に支障が出るのに加えて労働の能力も低下してしまいます。
そのため、事故に遭わなければ将来にわたってもらえたはずの収入が少なくなってしまいます。
この失われてしまう収入を相手に損害賠償請求するのが逸失利益という項目です。
後遺障害には等級という制度があって、障害の程度・症状などを1級から14級の数字で、また1級と2級については要介護認定の有無という点で2ランクに分類した、全部で16のランクで示しています。
そして、後遺障害に関連する賠償金についてはこの後遺障害として認定された等級をベースに計算することになっています。
交通事故で後遺障害が残ってしまったケースでの逸失利益は、認定された障害の等級ごとに定められている労働能力の低下率とその方の交通事故に遭う前の年収、そして本来であれば問題なく労働できたはずの残りの年数に応じた所定の係数を使って計算する仕組みです。
ここで、被害者が主婦の方の場合、年収としての賃金はありませんが、弁護士の先生に相談をしてサポートしてもらえば正当な賠償金が計算できる所定賃金表を使って計算してもらえますので、請求できる賠償金の額が大幅にアップするケースがたくさんあります。

こちらをクリック